スポンサーリンク

美脚になるには、足首を回すだけって本当?

女性は、誰しも綺麗な脚になりたいと願いますよね。

モデルさんのような、まっすぐ綺麗な美脚に・・・

願うだけなら、誰でも出来ます‼

だけど、生まれ持った美脚の方もいらっしゃいますね。

私は、そもそも足が太い家系だから…..

と諦めてはいけません!!!!!!

美脚家系じゃなくても、脚を簡単に細くすることが出来るそうです‼

それは、「足首を回す」これだけなんです。

「えっ?そんな簡単な方法ならみんな足痩せに苦労していないよ!」

って、思われるかも知れません。

私も最初は、そう思いました。。

実は足首は凝りやすい箇所なんだそうです。

そして、足首回しには色んな効果があって美脚になりたいって人にはオススメな方法なんです。

今回は、そんな足首回しの効果と方法を紹介します‼️

面倒くさがりなズボラな私も毎日簡単にやれる方法なので、騙されたと思って是非試してみて下さいね★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足首をぐるぐる回すだけ!

やり方は、簡単です。

体育の時間や部活などの準備運動で、よく、足首をくるくる回していましたよね。

それと同じで、内側に回します(10回)今度は外側に10回。
これを2セット行います。

これだけなんです。

この足首まわしは1日に何回やってもOKです。

そして素足でやった方が効果がいいです。

どうですか?

足首回しを始めるとつま先がぽかぽかと温かくなりましたか?

油を差したかのように、足首の動きも滑らかになりませんか?

どんな効果がある?

細くなる以外にもこんな効果があります。

  • 冷え改善
  • 代謝アップ
  • ふくらはぎを細くする
  • 骨盤の歪みを解消

この足首回し、さらに即効性もあるんです。

冷房などで足先が冷えてしまったとき、夕方になって足がむくんでしまったときでも、どこでもできて即効性があるそうです。

そして、冷えたり、凝りやすい足首を緩めて全身の血流も改善する効果もあるそうです。

足首が柔らかくなると、自然にひざ関節骨盤、そして背骨を緩まり整ってきます。すると血流・リンパの流れが良くなり新陳代謝が上がります。合わせて肩甲骨を動かせば 首のコリや肩のコリも軽減します。

足痩せになぜ効くの?

足首は、ほっそり美脚を作る上でとても重要な箇所。

足首は、股関節と連動しています。足首が柔らかいというのは、関節の可動域が広いということになります。

逆に足首がかたいのは、リンパの流れや血流が悪くなるんです。足先や足の甲、足の裏といろんなところに老廃物が溜まります。すると、ふくらはぎやふとももにも老廃物をため込むことになって、むくみとなります。

足首回しすることで、滞っていた流れがよくなり、むくみ解消効果が期待できます。

足首の関節を柔軟にすることで、ひざ関節が本来の位置に戻りやすくなり骨盤のゆがみ矯正にもつながるのです。

足首の凝り?

冷えやむくみ、膝や股関節の痛み、腰痛に肩コリ。 年齢のせいとあきらめていた慢性的な痛みや不調の原因は、足首のコリも関係しているそうです。

足首をほぐせば、身が軽くなり、さらにアンチエイジング効果もあるそうです。

関節は、骨と骨の間にほんの数㎜の隙間があります。そこで滑膜や関節液が潤滑液の役目をしているので、スムーズに足を動かせるのです。足首がこるとその隙間が詰まって動きが悪くなってしまいます。狭くなった隙間を元通りに戻すには、できるだけ大きく回すこと。

回数よりも回す動作そのものが大切。関節の中心で足と脚部をジョイントしている距骨をしっかり固定して、足先をできるだけ大きく動かすことを意識してください。

足首を回すと「ゴリゴリ」音がしてもいいの?

この足首回しをするときに音がするという人がいます。
ゴリゴリというような音がするときには心配になりますよね。
関節が壊れるからやめた方がいいと考えている人もいます。
実は足首回しをするときのゴリゴリという音に関しては、具体的にはどこから音が発生しているのか明らかになっていません。
しかしその中で有力な考えとなっている説があります。

それは、関節の中とそこを行き交う滑液包と呼ばれている袋の中に水があり、この水分と圧力が関係してゴリゴリという音が発生するという説です。

関節の中に水が入っていると聞くと、水がたまっていて問題があるのではないか?と思いますが、人間には誰でも関節の中に水分があります。
これは関節液と呼ばれるもの。
これがないと逆に問題となってしまうのです。
それは関節を動かすときになめらかな動きをすることができなくなってしまうからです。
関節液は油ではありませんが、潤滑油のような働きをすると考えておきます。
したがってスムーズに関節を動かすときに必要なものとなっています。
関節の周辺で、骨との摩擦が発生して痛めやすいという特徴がありますが、このときに発生する摩擦を少しでも減らしてくれる役割を担っています。
この他に関節に栄養を与えるというような役割もあります。
この水が移動するときに音が発生するのではと考えられていますが、痛みを伴うという場合には注意が必要です。潤滑包に炎症が発生している可能性があります。
このような場合は専門家に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする