スポンサーリンク

Perfumeダンスヒール

Perfumeといえば、パフォーマンスが凄いイメージですね。

高いヒールで激しい踊りを踊っていますよね。
よく、あんなヒールを履いて踊れるなって思います。

しかも、美脚。

あんな激しい踊りを踊っていたら凄く筋肉が付いて、カモシカ脚になりそうな感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

芸能人、プロであるPerfumeでさえ、靴選びは大変だった

2015年5月放送の「Mステ」で、

『ハイヒールできれいに踊るにはどんな靴をえらんだらいいですか?』

という視聴者の質問にこう答えていたそうです。

あーちゃん「足を靴に合わす。靴は限られとる」

Perfumeも大変!?

足を靴に合わせる?!

自分に合う靴を探すよりも、自分の足を靴に合わせていく方がいいそうです。

ヒールと足を止める透明なゴムバンドで靴が脱げないようにしています。

脱げないようにつけている透明のゴムバンドはダンス用品で、フラメンコや社交ダンスを踊る際に使われるグッズを見つけて、取り入れたそうです。

ライブ後は脚がボロボロ・・

苦労もあるようです。

3人ともやっぱり足は痛いらしいのです。
ライブ後は歩けないほど足が痛くなるため、スポーツ選手並みのアイシングをしているそうです。
楽屋まで距離がある会場では、台車に載せて運んでもらうこともあるそうです。

ライブの後は氷水がたっぷりと入った「長いゴミ箱」に、足を突っ込んで冷やしたままダメ出し会議をやっているそうです。
氷のうを肩に当てながらも移動しているそうなので、体に負担がかかっているのでしょう。

3人のヒールの高さは?

  • のっち:身長,164cm ヒール【6-7cm】
  • あ~ちゃん :身長,160cm ヒール【7-8cm】
  • かしゆか :身長,161cm ヒール【7-10cm】

ヒールは平均で8㎝位のようです。

美脚の維持も大変そうです。。

ドリカムの中村正人さんがMC をつとめた 「LIVE MONSTER」では、

3人同じもの(靴)を揃えたほうがダンスがきれいに見える。

ダンス用にオーダーメイドしているわけではなく、 市販のハイヒール、しかも1万円以下のわりとお高くないものを使っている。

ミリ単位の様々な厚さのインソール、かかと用、つま先用など部位別のインソールを複数枚持ち歩いている。そうやって、足を靴に合わせるため、毎回1ミリ以下のサイズまで調整している。

  • インソール使いで足を靴に合わせる。
  • 靴ずれ防止のシールを貼る。
  • 透明なゴムバンドで靴が脱げないようにしている。

そこで、ついにPerfumeダンスヒール発売

メンバー監修のもと、シルエットの美しさと履き心地を兼ね備えてついに発売されたそうです。

伊勢丹がPerfumeとコラボして、踊れるハイヒール”ダンスヒール”らしいです。

Perfumeの3人が実際に履きながら、

カットラインや中敷きのクッションを何度も修正を重ねて、完成。

3人ならではのこだわりがいっぱい詰まったこのパンプス。

  • ヒールのかかとが着地した時に、ヒール部分がストンと止まるような安定感(かかとの中心にヒールの中心がくるように調整)
  • あ~ちゃん「足の甲を大きく見せた方がきれい」
  • かしゆか「かかとのホールド感がほしい」
  • のっち「足の裏に吸い付くようなソールがいい」
  • 柔らかく反ることのできる靴底
  • つま先がしっかり踏ん張れるスペースがある
  • ヒールの高さは7㎝は低くて、9㎝は高すぎて、ちょうどいいのが8㎝

「Flash」のMVでも着用しているパンプスは、メタリックな色と、レッドのパンプス。

「Pick Me Up」のミュージックビデオのダンスシーンでも履いています。ゴールド、白、黒の3種類。

このパンプス、2万円もするそうですが、パなんと販売3日目で完売になったそうです。

  • 8cmとヒール高めだが、高さを感じさせない。
  • 8cmヒールで満足いくデザインの26cmパンプスって国内にほとんどなく、サイズが豊富。
  • Perfume公式ダンス用とあって、クッション性が優れてて歩き易い。
  • 踵が抜けにくくなっている分、他の部分に遊びがあり、履いていて圧迫感等が少ない。
  • ヒールのぐらつきもあまりない。
  • 足の入れやすさを重視する為、中敷きはスムース革が一般的ですが、Perfumeヒールは、ダンス中、足が靴の中で滑りにくいように、やや起毛感のある質感の中敷を採用。
  • 「Perfumeダンスヒール」は滑りにくいように靴の裏にビブラムソールの半張りを施しており、ハイヒールでありながら踊りやすさを重視している。

今は受注生産で、予約すれば買えるそうです。

もしかしたらPERFUMEは、日本一、パンプスの苦労が多いかも知れないですね。

そんなPERFUMEが開発したパンプス欲しくなってきました。

興味がある人は、伊勢丹で試着と予約販売されているそうなので、みてみて下さいね。

映画 『WE ARE Perfume-WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』

Perfumeの3回目のワールドツアーを記録したドキュメンタリー映画。

中身は、ライブ風景だけではなく、ステージ裏、楽屋、リハーサル、3人のオフショットまで。
脚のケアも映っています。

気になる方はこちら↓

NHK「20歳の挑戦、武道館ライブ密着ドキュメント」で
ダンスリハーサルしてる時、あーちゃんだけ気持ち悪くなり、座りこんだり
はけたりしていたそうです。

ドームのライブは、足の指を手術した直後だったので、リハーサルもセーブしてダンスするため周りの人達に頭をさげて謝ってました。

あ~ちゃんの足の裏の酷い水膨れが剥がれている様子、動けなくなったあ~ちゃんが一旦部屋に戻ったこと、40分後あ~ちゃんの強い希望によりリハを再開したことなどを確認した後、ファンのブログで、ライブ1日目に足を痛め、2日目には足が上がらない状態だったけれど、鍼灸師によって本番前にはなんとか少しずつ上がるような状態になった、とあ~ちゃんが話していたそうです。

どのみち、3人とも足は腫れるみたいです。
ハイヒールで踊るので、終わる頃には赤く腫れたりパンパンになるので、
靴のサイズ選びは慎重にやるそうです。

しかも微妙な身長差をなくすため、ヒールの高さで同身長になるように
ヒールの高さも合わしてるそうです

身長は、あーちゃんが微妙に一番低いからヒールが高く、二人より痛いのかもしれませんね。

2008年12月5日放送のFM802 Sony REAL MUSIQでは、

Perfumeのあ~ちゃんは、実は武道館ライブでポリリズムの前に、「もう駄目」と言うほど足を傷めていたそうです。

直角二等辺三角形ツアーやライブトゥワーの時に、足にテーピングをしながらも、全く足が痛いことを感じさせないいつも通りの笑顔、パフォーマンス、トークだったらしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする