スポンサーリンク

むくみは脂肪になるって本当?

むくみをケアせずに、

そのままにして放置すると、

にっくき 【脂肪】 になるっ??

大丈夫です。

むくみが、脂肪に変わるというわけではありません。

「むくみ」は、水分です。

ですから、むくみが自体が
脂肪に変わるなんてことは無いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、「むくみ」とは何か知ってますか?

「むくみ」とは、医学的には浮腫(ふしゅ)と呼びます。

私たちの体は、約60%以上が水分で構成されています。

血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、
手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。

もう少し詳しく説明すると、むくみは血液の循環と深く関わっています。

心臓がポンプのような働きをすることにより、私たちの体内に流れる血液は
動脈を通して水分や栄養分を細胞へ供給する役目を果たしています。
それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環します。
しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れずに、
戻ってくるべき水分が溜まってしまっている状態が「むくみ」です。

むくみが起きているということは、
その部分の静脈血やリンパ液の流れが悪くなっているということです。
そのために、本来、静脈やリンパ管に戻っていくべき水分が、
皮下組織の中に残ってしまっているわけです。

むくみは悪化する

一旦むくんでしまうと、細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出も上手くいかなくなるので、
更にむくみが悪化しやすくなります。

むくみをそのまま放置すると代謝が落ちて脂肪をため込み、冷えやすい体になってしまいます。
むくみは慢性化しやすいので気をつける必要があります。

むくみは、脂肪になるのではなく「セルライト」になる。

皮下組織の中には脂肪細胞があります。
上手く循環できずに残った老廃物は、この脂肪細胞のまわりにくっついて組織化して固くなります。
余計な老廃物がくっついた脂肪細胞は、だんだんと形を変えていきます。
そのうち変形した脂肪細胞どうしが合体するようになり、
大きな脂肪の塊のようになってしまいます。

これは「セルライト」と呼ばれるものです。

聞いたことがありますね。
さらに、大変なことになります。

この塊「セルライト」ができると、さらに血管やリンパ管を圧迫することになり、

血液の流れやリンパ液の流れをいっそう滞らせることになり、悪循環となります。

「セルライト」は一度出来ると中々取れない

できれば作りたくないですね。

皮下組織に脂肪の塊「セルライト」ができれば、その部分は太くなります。

塊が皮膚を下から押し上げますから、肌の表面がデコボコしてきます。

むくみで脚が太くなるということ。

むくみをそのままにして放っておいたら、
脚が太くなってしまったという人は、確かにいます。

「単なるむくみ脚だと思っていたら、そのまま脂肪がついてブヨブヨ脚になってしまった」というケースも多いです。

むくみは、見た目にも太く見えてしまう

むくんだ状態の脚は太く見えてしまいます。

履いてるパンツがパンパンになると太っていると思われがちですが、実はむくみのせいだったりします。

ショートパンツやミニスカートでおしゃれするのも、気になってしまいます。

むくみ撃退

むくみを解消するには、滞ってしまった水分を適切に循環させてあげる事が有効です。
リンパ液は筋肉の動き、血管の圧力などで排出されるので、ストレッチが有効な「むくみ対策」になります。

マッサージも効果がありますが、強すぎるとリンパ系を傷つけてします危険性があるので、適度な強さで行う事が大切です。

食生活に気を付けることはもちろん、むくみの解消には適度なストレッチやお風呂も効果的です。

今日は食べ過ぎたな…と思った日は湯船にしっかりつかって身体を温め、軽いストレッチでリンパの流れを刺激して、翌日にむくみを残さない、代謝を良くしましょう。

まとめ

むくみが、脂肪に変わるというわけではありませんでしたが、

むくみを放って置くと、悪循環になり、「セルライト」になってしまうということでした。

しかも、セルライトは一度できてしまうと取りづらく、ダイエットがしづらい体になってしまいます。

「むくみ」はその日のうちに解消することで、「セルライト」を作らない体にしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする