スポンサーリンク

脚のむくみの原因とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足のむくみの原因

むくみ」は、なぜ起こるのでしょうか?

むくみは、ほおっておくと脚が太い原因になります。

むくみの原因を知り、対策しましょう。

「むくみ」とは?

  • ふくらはぎのだるさ。
  • ふくらはぎに弾力性がなく、ブヨブヨとしている。
  • 足首の少し上を、指で20~30秒間押さえ、指を離した時に、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいると確認できます。

むくみのメカニズムを知りましょう。

NHKの「ためしてガッテン」で放送された内容では、「原因は血管の弁の故障」

ひざの裏に器具を当て、血流の音を聞くことでその原因を探る調査で、
血管の静脈の一部分には、血液が戻らないようにするための弁があり、
この弁が何らかの理由で壊れてしまうと、血流の音を聞いたときに通常とは違う変な音がするようになります。

正常な場合
足を揉むと血液が上がって血流の音がし、手を離すと血液が止まって音が消えます。

異常がみられる場合
通常とは違う変な音がする場合、『血管の弁』が壊れている可能性があるそうです。

原因は血管の弁の故障
弁が壊れていると血液の流れに異常が生じ、老廃物がうまく流れなくなってしまうため足に余計な水分が溜まるからです。
この溜まってしまった「余計な水分」がむくみの原因となってしまうそうです。

さらに、夜中に足がつるのもこの弁の故障が原因で、老廃物がきちんと送られないために引き起こされます。
弁が壊れてしまうと血管が太くなり、血流が逆流することで余計に弁を傷つけてしまうことがあります。

対策は?

これを防止してくれるのが、着圧ソックスが効果的だそうです。
着圧ストッキングやソックスをはくことで血管が締めつけられ、逆流を防ぐことが出来るそうです。

以上、これまでがNHKの「ためしてガッテン」で放送された内容です。

「体液の循環が悪い」のが原因

加齢とともに、血液やリンパ液など体液の循環が悪くなります。
更年期以降では、これに自律神経の働きの乱れが加わるため、体液が滞って、からだがむくみやすい状態になります。

血流が妨げられる場合にもむくみは発生してしまいます。

  • 立ちっぱなしで仕事
  • 睡眠不足
  • 過労ぎみ
  • 運動不足
  • 冷房
  • ストレス
  • 足を締め付ける靴
  • ヒールの高い靴
  • 血流が妨げられる締め付ける下着
  • 腰痛

このような環境でよけいにむくみやすくなります。

体液が滞って、老廃物が滞り「余計な水分」となりむくみが引き起こされます。

特に、《冷え》がありますか?

冷えは、冷えた状態が続くと血流が悪くなるのと皮膚の下に水分がたまった状態になり、むくみが発生します。そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長します。

さらには、筋肉が硬くなることで脂肪も燃焼しにくくなり、皮下脂肪も溜まりやすくなり、

脚がどんどん太くなるといった悪循環となっていきます!

冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで贅肉も付きやすくしてしまいます。

自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。

生活習慣は乱れていませんか?

生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵です。

不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。

宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要です。

食生活の乱れていませんか?

塩分や糖分の取りすぎ、水分の過不足もむくみの原因です。

リンパ液濃度が高いと、リンパ管の中の老廃物が排泄され難くなます。
辛い物や味の濃い物は避けた方が良いです。
スナック菓子やインスタント食品、ベーコン、ハムなどは塩分を多く含んだ食品なのでできるだけ控えましょう。
バランスのとれた食事を取りましょう。

日中は水分を多めに摂り、夜は少なめに補給すると良いでしょう。
また、水分は、できるだけ温かい飲み物の方が良いです。

足のむくみの解消には、カリウムを多く含む食品をとる

カリウムには、利尿作用があり、体から余分な水分や毒素を排出し、体の中の塩分を排出する働きを持ちます。

足のむくみに効果のあるカリウムを多く含む食べ物はなんでしょうか。

アボカド、バナナ、キウイ、ドライフルーツなどや野菜、芋類、豆類、海草類にも多く含まれています。

食生活を正しくバランス良くすることで、むくみを解消しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする